インプラントの治療トラブル

インプラントの治療トラブル

スポンサードリンク

インプラントの治療トラブルについての情報

インプラントの治療トラブル例インプラントに成功するために、まずどういった失敗があるかについて調べてみました。私の体験もこの中の事例にはありますので、参考にされてください。
●インプラント埋込後、数週間で抜ける 原因は細菌感染だそうです。ある歯科医院のHPで見ましたが、インプラント手術を受ける喫煙者に対して、禁煙をして手術に臨んで欲しいという説明がありました、ヘビースモーカーや成人病のある人に、こういった細菌感染の可能性があるということです。手術を施す部分の骨が柔らかい人も気をつけねばならないようです。
●インプラント埋込後、かぶせ物をしたあと(前の事例よりも長い期間が過ぎて)インプ   ラントが抜ける 日本でインプラント手術が導入された頃は、「骨が細い人はインプラント治療はできません。」と断られていました。しかし最近は、骨を増やすために人工骨を患部に入れて骨を増やす治療をします。私もやりました。(この人工骨はちょっと高価です。)この失敗は、人工骨で処置をして骨を増やした後、その骨が安定しないままに埋込んだ場合に起きるようです。私の場合は、そのようなことはありませんでした。少し時間はかかりますが、最大限に骨を育ててから手術をして欲しい旨、歯科医師に申し出ることで失敗も少なくなり、また歯科医師もやりやすいのではないかと思います。
●インプラント埋込後から痛みが取れない炎症を起こしている状態のようです。インプラントと骨の神経が接触することで炎症をおこして痛むようですが、一時的なことも多く鎮痛剤で徐々に痛みをとっていくことになるようです。ボルタレンなどの強い鎮痛剤が手術後に渡されます。
●インプラント埋込み後、唇がしびれるこの症状は、私は一番恐れていたものです。神経を傷つけられて起こるので、この症状だけは出ないように祈っていました。傷口の腫れも原因となるようです。少し様子をみて、もししびれが取れないようなら、インプラントを外してもらって様子を見ることになるようです。治るかどうか不安ですから、ちょっと嫌ですね。
●インプラント埋込後に鼻血・鼻水原因は鼻に通じる空洞の炎症です。このケースは良く聞きますし、歯科医師に「失敗例にはどんなものがありますか?」という質問をすると、まず帰ってくる答えのNO.1のような気がします。(3医院で質問してすべての先生がこの説明はされました。)薬で治るようです。<インプラント治療完了後>
●3年くらい経過して抜けるインプラントに負荷がかかりすぎることが原因だそうです。噛み合わせの検査などは、どの医院でもしっかりやると思いますがどこかの歯が抜けて放置などをすれば、噛み合わせが悪くなって、インプラントに負荷がかかり、向けるということはあると思います。
●歯周病で抜ける原因はインプラント周辺のメンテナンス不足です。インプラントと歯のメンテナンスは、ほぼ同じようにやっていれば防止できますが、高いお金をかけたインプラントだと、つい大丈夫だと思ってしまいがちです。私も反省しなければ、と思います。部分的に歯が溶けている状態だそうで、薬を注入するなどの処置がとられます。
●歯軋りで歯が抜ける上記と同じように負荷が原因です。就寝時、マウスピースの使用などで対処するようです。<インプラント治療した人工歯が取れる>
●人工歯が欠ける差し歯などと同じで、セラミックも負荷で割れますので、症例としては多いと思います。対処としては、再度、人口歯を作成して取り付けることになると思います。

インプラントの治療トラブルについての情報でした

スポンサードリンク